テレビ

赤萩瞳はeggの編集長!復活までの経歴!高校やギャル時代の画像は?

akaogihitomi8

1995年に創刊し、一時は50万部発行というギャルたちの圧倒的な支持を得ていた雑誌「egg」ですが、2014年に廃刊になっていました。

しかし、2019年,再び雑誌で復活!1週間で完売に!

これを仕掛けたのが、ギャルの赤萩瞳さんです。

今回は「赤萩瞳はeggの編集長!復活までの経歴!高校やギャル時代の画像は?」と題してお話します。

赤荻瞳はeggの編集長!復活までの経歴プロフィール

赤荻瞳さんは、現在、「egg」の編集長です。

一度廃刊になった「egg」をどのように復活させたのでしょう。

まずはプロフィールからまとめます。

赤荻瞳のプロフィール

  • 赤荻瞳(あかおぎひとみ)
  • 1996年9月6日生まれ(23歳)
  • 埼玉県出身
  • 現在「egg」編集長
  • intagram

赤荻瞳は小学校からギャル

赤荻瞳さんは、小さなころから、可愛く目立ちたいとい気持ちが強く、小学校4年生でテレビではやっていったギャルファッションを取り入れ、全身ギャルファッションに!

もちろん、その頃はやっていた厚底靴を履いていたそう。

ギャル集団を結成し、小学校の卒業式では、「ギャル活」の集大成として、結婚会の2次会で着るようなドレスで出席したそうです。

小学校ですでにギャル愛がすごいですね!かなり目立つ存在だったのではないでしょうか!

中学時代は、埼玉から渋谷へ遊びに行く日々

赤荻瞳さんは、小学生時代から、もちろんのように「egg」を愛読!

「極めるしかない!人生かけてギャル道!」と誓っていたんだとか!

そして中学へ行き、週末は埼玉から渋谷へと遊びに行くことが多くなり、渋谷にはギャルでおしゃれな子がたくさんいると実感!

埼玉で一番ギャルの多い高校へ進学!

赤荻瞳さんは、渋谷に通ううちに埼玉で一番ギャルが多い高校へと行きたいと思うようになり、猛勉強をします。

念願かなって、「さいたま市立大宮西高校」へ入学!(偏差値56)

しかし、1年生で高校をやめてしまいました。

辞めた理由は、実際そんなにギャルが多くない、校則が厳しくてギャルが出来ない。。

中途半端はよくないと思い切って、退学したそうです。。

すごい決断ですね・・

高校中退後は、ギャル活動に集中!

高校中退後は、ギャルサー活動に勤しみ、18歳でギャルサーを引退!

ギャルサー活動は、毎年、夏と冬に50くらいのギャルサーで主催する大きなイベントがあり、その運営や企画の活動をするんだそうです。

デルさんを呼んでファッションショーをやったり、ステージでパラパラを踊ったりと、イケてる流行を取り入れたギャルの文化祭をみんなで作るんです!半年くらいかけて準備します。

特にイベント運営の幹部は、いろんなギャルサーの中から選ばれ、そのオーディションでは「私が幹部になったら」っていう作文を書くんだそうです。

ほとんど会社のようですよね!驚

その後、いろいろとあったようで、トラブルや辛いことも重なり、さらに、追い打ちをかけるように『egg』が休刊。

赤荻瞳さんはどん底に突き落とされます。

18歳でギャルサーを引退!会社員に

その後、赤坂の会社へ就職します。しかし、やはり、渋谷で働きたい!という思いから勤めて半年で辞めてしまいます。

渋谷に働きたい!と、ギャルサー時代の仲間に声をかけまくった結果、元ギャルとギャル男が社員の大半を占める広告代理店に就職することが出来たのです。

「egg」を復活させるプロジェクトに立候補!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あの【egg】が復活!?❤️ #egg #official #gal

赤荻瞳(あかおぎひとみ)🥚egg編集長(@pitto_96)がシェアした投稿 –

さらに会社に、『egg』をネットで復活させるプロジェクトが舞い込んできて、「私の生きる道は、やっぱりギャルだ!」と担当を志願。

内心では「ネット版eggのファンを増やし、雑誌版を絶対復活させたい!」とさらなる野望を抱いていたそうですから、すごいですね!

赤荻瞳さんは、まったくの未経験からウェブ版「egg」の運営を軌道に乗せました。

雑誌制作もまったくノウハウがない中、常識にとらわれず、且つ、ギャルサー時代の絆をフル活用し、プロジェクトを成し遂げたのです。

現在、23歳ですから短期間に成し遂げていて、バイタリティーのある方なんでしょうね!

『egg』の立ち上げは、クラウドファンディングで資金を集めて見事に復刊させています。

赤荻瞳さんが考えるギャルとは?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

10月1日、egg秋号発売しました㊗️ egg復活から記念すべき、2号目になります!🥺❤️ ガバーガールは @__peachstagram__ @kyiiripu.friedegg @maaaami79 @_pinkbunnygirl_ の4人✨ 今回は新人モデル&メンズモデルも加わり、さらにパワーアップして見どころ満載になってるよ♡ ‼️全国の書店、セブンイレブンでお買い求め頂けます‼️ 見かけたら絶対買って❤️笑 また、#egg秋号発売 を記念して渋谷周辺にeggアドトラック🚚も走らせちゃってます🥰🥰🥰 こうして、2号目も発売出来たのもいつも頑張ってくれているモデルちゃんや、応援頂いてる皆様のおかげです😭 いつも本当にありがとうございます! これからも見てるだけでワクワクして元気をもらえるようなeggを発信して恩返しします! そして公私ともに支えてくれてる @mari_05111224 ありがとう😘 これからも突っ走り続けます!!!❤️ #egg #ギャル #ギャルが一番かわいい

赤荻瞳(あかおぎひとみ)🥚egg編集長(@pitto_96)がシェアした投稿 –

赤荻瞳さんは、昔のギャルは、みんな濃いメイクをして、厚底はいて、、109のブランドしか着ないという感じでしたが、今は、違うといいます。

今のギャルは個性があり、自由なんだそう。

  • 自分のやりたいファッションにすごく貪欲
  • ブランドはあまり気にしない。
  • 人と被らない
  • 自分だけのオリジナルなセンス

ギャル雑誌「egg」が復活した背景には、こういった赤荻瞳さんの自由な発想を持っていたからできたのかもしれませんね!

赤荻瞳の高校時代やギャル時代の画像は?

現在の画像

 

 

 

編集長になったころの画像

akaogihitomi3

高校生頃の画像

akaogihitomi5

ずいぶん綺麗になられましたね。