BTS

BTSが日本語話さなくなった理由は?いつから?

BTS-japanese

日本はもちろん世界的に人気のあるBTS!

そんなBTSですが最近日本語を話さなくなったと話題になっております。

日本デビュー当時は日本語を話していることから、日本語を話さなくなった理由がありそうです。

今回はBTSが日本語を話さなくなった理由について、ご紹介します!

BTS日本語話さなくなった理由①日本語を話す必要がなくなったから?

BTSは2013年6月に韓国でデビューし、その後2014年6月に日本でメジャーデビューしました。

2014年のデビュー当時は日本のファンを獲得するため、日本語を勉強しファンとの交流も行っていました。

しかし現在ではグラミー賞やビルボードの舞台に立つ等、世界的なスターとなっています。

このことから世界中のファンに伝わる英語が使われるようになり、日本のファンを獲得するために話していいた日本語を話す必要がなくなりました。

BTS日本語話さなくなった理由②日本と韓国の関係性?

日本と韓国の関係性はニュース等でご存知の通り、よくありません。

韓国のファンの中でも日本のイメージを良く思っていない人もいます。

BTSに対し日本語で歌を歌わないでほしいという嘆願者が韓国で出たという話もあります。

BTSは日本が好きでも、韓国のファンや政治的な背景が、日本語を話さなくなった大きな理由の一つです。

BTS日本語話さなくなった理由③原爆Tシャツの騒ぎから?

BTSのジミンさんが公な場所に原爆モチーフのTシャツを着て現れたことが、日本でも大問題になりました!

日韓関係が良くない状況で原爆Tシャツを着ていたことで、日本のファンの人は驚いたでしょう!

この原爆TシャツについてはBTSから説明がないため、どんな意味合いなのか等はわかりません。

しかしこのことがBTSが日本語を話さなくなった、きっかけであると言われるようになりました。

BTSが日本語話さなくなった理由は?いつから?まとめ

今回はBTSが日本語を話さなくなった理由3つを紹介しました。

世界的なスターに登り詰めたBTS、きっと世界中のファンを大切に思っているでしょう。

BTSが日本語を話さなくなったとしても、話さなくなった理由があるにしても、世界で活躍しているBTSを応援したいですね!