エンタメ

フジモン離婚原因はスタイリスト?木下優樹菜不倫?打算結婚だった?

Pocket

フジモンと木下優樹菜さんが大晦日に離婚を発表。びっくりしましたね。「タピオカ恫喝騒動」が原因だったのかといろいろと錯綜しています。

今回は、フジモンと木下優樹菜さんの離婚の原因についてお話します

フジモンと木下優樹菜の離婚の原因は、ホントはどれ?

フジモン、木下優樹菜離婚原因①タピオカ恫喝騒動

タピオカ恫喝騒動で夫婦仲が悪くなったとの噂があります。しかし、タピオカ騒動の1年ほど前から別居していたことが離婚を発表してからわかりました。

タピオカ恫喝騒動で仲が悪くなったわけではないそうですね。

タピオカのオーナーとはまだ話し合いがついていないそうでこちらもこれから大変ですね。

なったのは、この「ALLLIGHT」というタピオカ店でした。

フジモン、木下優樹菜離婚原因②フジモンのDV?

フジモンと木下優樹菜さんの離婚原因は、お子さんの教育について考えがすれ違い、そこから二人が取っ組み合いの喧嘩になり、DV騒動になったとの話もあります。

しかし、テレビなどで発言していた優樹菜さんも充分、モラハラのような言動をしています。フジモンの大事なものを勝手に捨てたり(フィギア、怪獣消しゴム)していたそう。

また放送作家でコラムニストの山田美保子さんは二人の裏話をこう言っています。

「少なくとも2年前までは自宅取材がOKで、フジモンも出てくれたし、お子さんも出てくださってた」とした上で「広いお部屋の中で、フジモンが所在無さげだったのは事実です」とした。

また結婚前からの家庭ルールとして「汚い顔の人が、汚い場所を掃除するというルールがあったそうなんですよね。ですから、フジモンさんはお風呂の排水溝の掃除を何百回もさせられてたと。あげくのは果てにユッキーナが『ブス』って言ったり、ちょっとピリピリする関係だったことは確かなんですね」と明かした。

木下優樹菜さんの言葉のモラハラもあったようですね。

フジモン、木下優樹菜離婚原因③木下優樹菜がスタイリストと不倫?

また木下優樹菜さんのお子さんと、スタイリストがそっくりだという話があり、またこれも炎上しています。しかし、真相はわかりません。

木下優樹菜さんのインスタに載せていたこの文章が今、炎上しています。縦に読むと「たかし、あいしてる、ずーーっと」になるのです。少し無理がありますが。

そして、この写真の人は「たかし」という名前ではないようなので、真相はわかりません。

フジモン、木下優樹菜離婚原因④打算的な結婚だった?

引用:モデルプレス

フジモンと木下優樹菜さんの熱愛が発覚したのは2009年。一年半の交際を経て2010年に結婚。2012年に第一子が生まれ、2015年に第二子が誕生。

実は、この二人は最初からうまくいっていなかったのではないかという人もいるようです。

「元ヤンの木下さんは、日頃から藤本さんに対して、きつい言葉を浴びせることも多かったようです。特に、出産などで木下さんが芸能活動をセーブしている時期には、“ギャラ”に関する罵りもあった。“これだけ働いて、こんだけしか稼げねえのかよ!”みたいなことを頻繁に言われていたとか。藤本さんも、あまりに罵られるものだから、さすがにヘコんでいたみたいで、バラエティー番組では木下さんの話をNGにしていたこともあったそうです」

フジモンは元ヤンではないので、感覚が合わなかったのでは、と見ている人も言うようです。

「そもそも、藤本さんは元ヤンでもなんでもないし、木下さんと感覚が合うはずがないと言われていました。でも、藤本さんは“人気女性タレントと結婚する”ということに芸人としての“ステータス”を感じていたようで、いわば“打算的”な思惑もあって、木下さんとの結婚に至った。一方の木下さんは、藤本さんと感覚が合わない部分があるとわかっていたけど、自分のわがままを許してくれる状況に心地よさを感じていた。つまり、純粋に好き同士で結婚したという感じではなかったので、周囲はかなり心配していたんですよ。そして、結婚して時間が経つと、双方が感覚のズレに我慢できなくなってきて、いよいよ離婚してしまったということでしょうね」(同)

フジモンは元ヤンなのだと思っていましたが、違ったようです。そして、人気女性タレントと結婚することがステータスと打算的な要素があったのでしょうか。

純粋に好きで結婚したのではなかったと聞くと、ちょっとびっくりしますね。打算であれば、時間がたつにつれてズレてきたのは分かるような気もします。

まとめ

今回は、フジモンと木下優樹菜さんの離婚原因についてお話しました。

離婚原因の情報は錯そうしており、また追加訂正があり次第、訂正追加していきますので、よろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。