エンタメ

【画像】細木数子娘が生意気と言われる理由。養子なの?旦那は社長?

Pocket

細木数子(81)の娘・細木かおり(40)さんが11月26日の「さんま御殿」に出演するということで話題になっています。

以前、「しゃべくり007」に出演し、「生意気」「態度がデカい」「高圧的だ」「偉そう」など炎上気味になっていましたね。

今回は、細木数子さんの娘、細木かおりさん、細木数子さんについてお話します。

【細木かおり】細木数子の後継者でもあり、養子だった!

六星占術で有名な細木数子さんは毒舌で話題を振りまいてきました。細木数子さんは出演番組が軒並み視聴率20%以上を記録し、視聴率女王として君臨していた時代がありました。

今は、後継者である細木かおりさんが六星占術を引き継いでいます。

5月21日から冠番組「細木数子の娘かおりがズバリ!あなたの人生 変えに来ました」(テレビ東京系)が放送されています。

最近、テレビに出演することが多いかおりさんですが、どんな方なんでしょうか?

「しゃべくり007」では生意気!偉そうとの声が多数だった

しゃべくり007のメンバーにため口が多かったことが、視聴者には偉そうに見えたのかもしれませんね。

【細木かおり 】細木数子は独身でかおりは姉の子供だった!

引用:with編集部

細木かおりさんのプロフィール

 

細木かおりさんの人生は、細木数子さんの影響がとても大きく、後継者になるのが理解できます。

かおりさんの実母は38歳でかおりさんを生み、シングルマザーとして働きながらかおりさんを育てていたそうです。そんな生活を心配した実母の姉・細木数子がかおりさんたち兄弟を世話してくれたのが始まりだそう。

当時、細木数子は銀座にあるクラブのママとしていくつかのお店を成功させていて、経済的にも余裕があったので「女一人で子供を育てるのは大変だよ。一緒に住まない?」という好意から、実母と一緒に都内一等地の広くゴージャスなマンションにお世話になっていたそうなのです。

細木かおりさんにとって、細木数子さんはおばあちゃんのような存在で“ばあば”と呼んでいたそうです。

甥っ子、姪っ子がたくさんいた中、ほかの甥っ子姪っ子たちは「曲がったことが大嫌い」でスパルタな教育の細木数子さんを煙たがっていましたが、かおりさんだけはとても懐き”ばあば”がいないと大泣きするほどだったそうです。

“ばあば”もかおりさんを溺愛し、かおりさん3歳のときに実母に「かおりを養女にくれない?」と申し出ました。そのときの“ばあば”の真剣な表情にビックリした実母は、かおりさんを連れて逃げるように“ばあば”の家を飛び出したそうです。

かおりさんが小学生になった頃には“ばあば”は、六星占術を世に広めるためにたくさんのメディアに出演する多忙な生活をしていたのですが、かおりさんに会いに忙しい合間を縫って小学校まで迎えに来てしまうこともあったそうです。

派手なベンツが校門に横付け、ゴージャスな毛皮を着てベンツから出てくる細木数子さんは学校でも有名な存在だったようです。

【細木かおり】14歳でお見合い、19歳で結婚

細木数子は、かおりさんに

・女性の幸せは早く結婚して家庭に入ること!
・結婚は出産や育児をする体力が十分にあるうちにしなさい!
・やりたいことをするのは子育てがひと段落してからでも遅くない!

3つのことをよく言うようになり、14歳で初めてお見合いをしたそうです。

細木数子さんは独身で過ごしてきたそうですから,可愛がっていたかおりさんにはさみしい思いをさせたくなかったのかもしれませんね。

「結婚相手だけはちゃんと選びなさい!」「結婚相手は本当に重要なんだ!」こんな風に“ばあば”から『結婚』について本当に口うるさく叩き込まれてきました。だから、子供の頃から“自分で好きになった人と恋愛をして結婚をするなんて絶対に無理だろう”と思っていたし、例え「好きな人と結婚したい」と言ったところでお許しなんてもらえない……。反対を押し切って結婚したとしても、相手も親戚になるのだから、それはそれで面倒くさいことになる……。いずれ結婚することになっても、“ばあば”の決めた人と結婚するんだろうな……そのせいで『結婚』に対しては憧れの気持ちはほとんどありませんでした。

ほとんど結婚にあまり期待をしていなかったかおりさんは、中学3年生のときに“ばあば”が仕組んだお見合いで今の旦那様と出会ったそう。。当時彼は大学生で夫婦で“ばあば”のところに相談に来ていた方の息子さんだったそうです

でも、当時かおりさんは、断っていたようです。

相変わらず“ばあば”は私にいろんな男性を見つけてきてはお見合いを続けていましたが、なぜかのちに夫となる男性のことだけは、初めに会ったときからその後4年間も毎年猛プッシュしてくるんですよ(笑)。「またこの男性を勧めてきた……」「今年も拒否しておけばいいや」毎年会うからさすがに彼の名前と顔は覚えていたのですが、思春期特有の反抗心と自分で相手を決めることのできない『結婚』に興味を持てないまま学生時代を過ごしていました。

あるとき、社会人になったその彼が、お付き合いしている女性のことで“ばあば”のところに相談に来たんです。彼はその女性と『結婚』を考えているようで、それを聞いた私は“なんだ、この人と結婚しなくて済んで良かった~”とホッとしたのを覚えています。“ばあばもやっと諦めてくれる”と安心していたのですが、なんと“ばあば”は驚きの行動に出たのです。

「その女と結婚しても幸せになれない!」

彼が“ばあば”からもらった六星占術の助言は、私の期待を裏切るものでした。しばらくしたら、彼が“ばあば”のアドバイス通り、結婚を考えていた女性と別れたということを聞かされました。すかさず“ばあば”は「別れたなら、今すぐかおりに連絡しなさい!」と彼に言ったそう。もう、これは脅しなんじゃないかと思いますよね。でも、そのぐらい“ばあば”は私の結婚相手選びに真剣だったんです。

数日後、“ばあば”のアドバイス通り、彼は本当に私に連絡をくれたんです。“なんて変わった人なんだろう……”“まさか彼女に占い結果が悪いから結婚できないと伝えたのかな”彼がどんな心境で彼女との結婚を諦め、別れを決断したのか逆に彼に興味を持ってしまいました(笑)。彼からの「彼女とはきちんとケジメをつけてきました。一度食事でもしませんか?」という誘いにのり、とりあえず会ってみることにしたのです。

実際に彼に会って彼女と別れた詳細を聞いてみると、元々親から反対されていたことに加え、彼も本当に結婚していいのかを迷っていたそう。そこに“ばあば”の相性が良くないという鑑定結果に「やっぱりそうなのか!」と最後は自分で考え納得したうえで別れを選んだということでした。

彼と初めて2人で会って交際0日で結婚を決めてからトントン拍子でことは進みました。すぐに結納を交わし「どうせ結婚するんだから」と直後に同棲を開始。短大生だった私は彼と2人で会ってから3ヵ月後、結婚しました。

 

すごいエピソードですね!

実父の猛反対にあったものの無事に結婚。

【細木かおり】結婚後は、一切援助はなしに。。

小さい頃は高級外車でお迎えや、幼稚園のうちから高級ホテルディナーにも連れて行ってもらっていたそうですが、結婚を機に“ばあば”から一切の援助はなくなりました。

19歳の妊婦のかおりさんと25歳の彼の結婚生活は、彼のお給料のみで始まりました。結婚してからは、自分たちのお金だけで支払える43平米の狭い木造アパートに引っ越し、夕方のスーパーに行き「見切り品」の値引きシールが貼ってある食材を買うのは当たり前だったようです。

子供ながらに両親との生活水準が「普通」で、“ばあば”との生活水準が「普通じゃない」という認識はあったし、両親からは「“ばあば”は確かにすごい人だけど、あなたが凄いわけじゃないから!」と口うるさく育てられてきたそうです。結婚して人並みにお金で苦労して初めて“ばあば”の偉大さに気が付いたそうです。

【細木かおり】旦那様はどんな人?

旦那様とは19歳の時にご結婚、6歳上の旦那さまということで25歳だったようです。

今でも、とても仲がいいのですね。

 

かおり先生のどこが好き?

「単純」

「単細胞」

「さっぱり」

「飯(めし)」

※「飯」は料理が上手ってことを

一言で表現したのだと思われます。
かおり先生にどこを直してほしい?

「タバコやめろよ」

※注釈※

ましましくんはかおり先生の夫君であります。

なので、妻の健康を思うあまりの一言でございます

かおりさんは、旦那様を「ましましくん」と呼んでいるようです。

旦那様は、今、細木数子、かおり事務所の社長ではないかと言われています。

細木かおりさんは良い夫婦生活を続けていく秘訣は、男女平等に生活していくことだとも話しています。

【細木かおり】子供は3人(長男、長女、次女)

1998年に長男を出産、2000年に長女を出産、2003年に次女を出産しています。

お子さんたちの学校は、わかりませんでした。きっと、私立の中高一貫の学校なんでしょうね。

お子さんがまだ小さかった頃は、旦那さまの仕事が非常に忙しかったようで、細木かおりさんはほぼ1人で子育てに励んだといいます。

そんなことから、子供をもつ母親の気持ちを誰よりも理解できるようになったみたい。

また細木家では3人の子供だけではなく、3匹のトイプードルを飼っています。

【細木かおり】細木数子から引き継いだもの

細木かおりさんが養子に入って引き継いだものは

六星占術、そしてそれに基づく考え方をはじめ、

700坪以上の京都の日本家屋の新宅、

同じく京都の520坪の旧宅、

ラグジュアリーブランドの洋服やバッグや靴、たくさんの着物、

そして億単位の宝石類など……すべてを今は引継ぎ共有しています。

【細木かおり】細木数子とは違う相談者に寄り添う形の占い

細木かおりさんは、細木数子さんのようにズバリと強い言葉をぶつけるスタイルではなく、あくまで相談者に寄り添ってその言葉に耳を傾けるスタイルで占っているようです。

そして、スタジオでの収録ではなく、相談者の家に出かけるというのも新しいですね。

「かおりさんは講演会の名前を“勉強会”から“Kaorism”と変え、18年5月からはインスタグラムを開設。マスコミにも売り込みをしているようです。それもすべては、『六星占術を若い人にも広めたい!』という思いから。たとえば3子の母という経験から新たな六星占術の活用法を考案するなど、早くも“2代目カラー”を打ち出そうとしています」(前出・知人)

【細木数子】築いてきたものとは?

細木数子さんは、京都に建設費数十億と言われる豪邸を持っており、そこで占い活動をやりながらひっそりと暮らしているらしい現在の細木数子さん。(2016年ごろ)

細木 数子(ほそき かずこ、1938年(昭和13年)4月4日 – )は、日本の作家・タレント・占術家。テレビ出演の際の肩書きは心照学研究家・人間学研究家などと称する場合もある。かつては実業家でもあった。

【細木数子】生い立ちや活動歴

 

細木数子さんは政治活動家・細木之伴を父に持ち、(今でいう暴力団らしきものだそう)売春宿を経営する実家で少女時代を過ごし、中学1年生で接客や客引きなどをして高校中退後は銀座のクラブなどさまざまな飲食店を経営するようになりました。

細木さんは、お父さんの愛人の子どもとして誕生しています。8人兄弟姉妹(3男5女)の4女だと言われ、兄弟のなかには暴力団と結婚した姉、政治家としての活動経験もありながら詐欺事件などで逮捕された弟(細木久慶)さんなどがいます。

占術家として名を知られるようになったのは、1980年代です。考案者は神煕玲(じん きれい)さんの占術という噂もあります。(つまり、パクリ)

「六星占術」という占い方法を編み出し、「運命を読む六星占術入門」(1985年出版)がベストセラーとなりました。

2000年代になってから細木数子さんによる人生相談の番組は高視聴率を叩き出し、2004年には「ズバリ言うわよ!」や「幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜」などのレギュラー番組が放映されました。

2008年に突如として全番組を降板し、表舞台から姿を消しました。

【細木数子】悪い噂①暴力団と関係があった

細木数子さんに関する本「魔女の履歴書」の掲載に関連し、暴力団関係者をつかって作者・溝口敦さんに圧力をかけてきたというのです。

この本は、細木数子さんを女ヤクザと称し、両者の深い関わり合いが描かれたノンフィクション本なのです。

テレビから消えた理由の第一にあげられるのが、この「暴力団との関係」なのです。

【細木数子】悪い噂②島倉千代子を食い物にした

占い師になる前に細木数子は、2億4,000万円という莫大な負債を抱えていた島倉千代子と一緒に「ミュージック・オフィス」という事務所を設立。

一緒になって、借金を返済してくれるという細木数子を、島倉さんは救世主だと思って疑わなかったのです。(細木数子は島倉さんに代わって債務状況などを説明していた)

しかし、それは表向きの姿で、実際には、細木数子が島倉さんの興行権を奪いとった形で、暴力団関係者とともに島倉さんを“食い物”にしていたのです。

2億4,000万円が12億円の負債に膨らんだという最後にはレコード会社が仲裁に入り、細木数子には手切れ金として1億数千万円が渡ったのです

【細木数子】悪い噂③芸能人を占い、外れた人は?

  • 新庄剛志の2004年の引退を予言→引退は2006年
  • 堀江貴文さんの当時の会社(ライブドア)の躍進予言→1ヶ月後ホリエモン逮捕
  • おさる(モンキッキー)の改名失敗
  • 田代まさしに「これからよくなる」と予言→その後、盗撮・薬物・芸能界引退
  • 結婚できないと予言していた芸能人が複数、結婚

 

【細木数子】今の活動は?

京都の豪邸に信者を集めて、2ヶ月に1回、勉強会を開いています。

1回に集まるのは300~400人ほど。

参加費は『一人1万円』

携帯サイトのコンテンツなどもやっています。

【細木数子】娘かおりが語る母のエピソード

娘のかおりいわく「ああみえて小心者」だそう。

「1人だったら何をされるかわからない」と病院を怖がったり、1人で家に入れないなど意外な素顔が明らかに。

さらに世間とのズレ方は甚だしく、スーパーをよく知らないため、お総菜を試食と勘違いしてその場で食べてしまったなど、

11月26日にさんま御殿では、ぶっとんだエピソードも披露されるようです。

【細木かおり】占いの料金は高い?


細木数子さんが生み出した六星占術の運命星から、恋愛・結婚・仕事・健康・お金+先祖供養診断をします。

細木数子さんの鑑定は先祖供養がセットになっていて、先祖供養を省くことはできません。

過去に鑑定された方の情報を調べたところ、相談1項目につき最低10万円から鑑定料がかかるようです。

個人鑑定には必ず先祖供養(10万円~)がついてくるため、最低でも1項目+先祖供養で約20万円~の鑑定料になると言われています。

まとめ

今回は細木数子さんの娘のかおりさん、母の数子さんについてお話しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!