エンタメ

春本由香と喜多村緑郎不倫!「子供産んで!」に尾上松也の母激怒!

Pocket

鈴木杏樹さんと不倫関係にある喜多村緑郎さんですが、他に交際していた女性がいたことがわかりました。

その女性は、尾上松也さんの妹である春本由香さんであることがわかりました。

いったいどんな関係だったのか、いつからだったのか、お話します。

喜多村緑郎は、春本由香(尾上松也さんの妹)とも不倫!

喜多村緑郎さんは、鈴木杏樹さんの不倫報道の件で、2月16日から東京の新橋演舞場で公開される舞台「八つ墓村」の稽古中、他の役者やスタッフの前で「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と涙ながらに謝罪。

しかし、喜多村緑郎さんの過去を知っている人たちは冷めた目で見ていたようです。また今回の報道に関しても皆さん、驚いていなかったとか。。

というのも、喜多村緑郎さんは、2018年1月ころから、尾上松也さんの妹「春本由香」さん(27)と不倫関係にあったというのです。

春本由香と喜多村緑郎の不倫交際のきっかけは?

 

喜多村緑郎さんと春本由香さんは、「家族はつらいよ」の舞台で知り合い、2018年1月に男女の関係に。

普段から「若い女性が好き」「20代の子、紹介して」と言っていた喜多村緑郎さん。

24歳年下の由香さんをアグレッシブに口説き、由香さんも落ちてしまったようです。

 

春本由香さんは、喜多村緑郎さんに「俺の子供を生んでほしい」に言われていた

春本由香さんと喜多村緑郎さんの関係は、あっという間に劇団内で噂になり、春本由香さんの母・盛恵さんは、当初は知らないふりをしていたといいます。

しかし、由香さんは罪悪感に苛まれていき、母親盛恵さんに泣きついたそうです。

「その年の秋、由香さんは精神的に追い詰められていました。緑郎さんから“おれの子供を産んでほしい”と言われたそうです。本気かどうかわかりませんが、まだ若い彼女は思い悩み、母親に相談しました。盛恵さんは由香さんの将来を思い、緑郎さんに文句を言いたい気持ちを抑えて、由香さんには身を引くよう説得し、不貞を穏便に終わらせようとしたんです」(由香の知人)

そのうち、由香さんの異変に気付いたのか、喜多村緑郎さんの態度は急変!周囲には気づかれぬようこれまでと同じように接する由香さんに対し、喜多村緑郎さんは由香さんの挨拶を無視するなど、露骨に冷たい態度を取ったというのです。

「これには由香さんが完全に滅入ってしまった。やがて、松也さんも事情を知ることに。彼は激怒したそうです」(前出・由香の知人)

春本由香さんのツイッターには、千秋楽の日の写真がありました。この頃辛かったのかもしれませんね。

春本由香さんは、尾上松也さんの妹。松たか子さんとは親戚関係です。松たか子さんにも似ていますよね。松也さんとはもちろん、そっくりです。とても仲が良いそうで、テレビでも共演しています。

「松也さんと由香さんはとても仲がよく、15年前にお父さんの六代目尾上松助が亡くなった後も、支え合って生きてきました。新派入団前、由香さんがタレントを目指したもののうまくいかずに悩んでいた時、松也さんが由香さんを付き人にして給料を払い、“このお金でレッスンを続けなさい”と助けてあげたほどなんですよ」(別の由香の知人)

辛かった由香さんですが、母親の盛恵さんが我慢できず、2018年末、喜多村緑郎さんに電話をしたそうです。

「娘に手を出しやがって!離婚はできないけど、子供を産んでくれ、とは何よ!」と盛恵さんは激高!

それに対して喜多村緑郎さんは「松也の母親だからってデカイ顔しやがって!」と逆キレ!「訴えるぞ!」まで言ったそう。

訴えるぞと言ったものの、裁判沙汰にはならなかったそうで、由香さんと喜多村緑郎さんは同じ新派ということもあり、話し合いで事態を収束させたそうです。

 春本由香さんと鈴木杏樹さん、喜多村緑郎さんは同じ舞台に立っていた!

喜多村緑郎さんは、春本由香さんとはいつから付き合っていたのでしょうか。

ポストセブンの記事によると、2018年1月から2018年末くらいまで付き合っていたことになります。

鈴木杏樹さんとは「道頓堀物語」で共演してから2019年末という記事でしたが、実際付き合い始めたのはもっと前からかもしれません。

週刊誌には、報道は氷山の一角で、実は、鈴木杏樹さんと何度も何度もホテル不倫を繰り返していた事が判明しています。道頓堀物語の稽古は、9月ころから始まっていますので、10月から11月くらいにはそういう関係だったのかもしれません。

春本由香さんとは、重なっていないかもしれませんが、驚いたことに春本由香さんと喜多村緑郎さん、鈴木杏樹さんは同じ「道頓堀物語」の舞台に立っていました。

鈴木杏樹さんは、知らなかったかもしれませんが、春本由香さんはどういうきもちだったのでしょう。そして、妻の貴城けいさんは、知らなかったのでしょうか。

春本由香さんは、不倫について「そういったことにはお答えできません。もう知らないです。関係ありませんので」と狼狽しながら繰り返しています。

また母親の盛恵さんにも話を聞いたそうですが「私から申し上げることは何もありません!」と、怒りをあらわにしていたそうです。