ヒートテック素材比較!「極暖」「超極暖」「ヒートテック」の3種類比べてみました!

ヒートテック 素材

Pocket

ユニクロのヒートテック、種類が3種類あります。

私自身も、3種類あってどう選べばいいかわからず、素材も調べずに

一番寒い時は超極暖!という感じで着ていました。

すみれ
すみれ
どんな素材が使われているのか、知らないよ。。

今回は、3種類の素材の比較をお話していきますね!

ヒートテック 寿命ヒートテックの寿命は一年で効果なくなる!?寿命を伸ばす方法とは?

ヒートテックは3種類!「ヒートテック」「極暖」「超極暖」

ヒートテック 素材

  • ヒートテック
  • 極暖
  • 超極暖

この3種類についてお話しますね!

薄くて暖かいヒートテックの素材は?

ヒートテック 比較 素材

「ヒートテック」は、一番薄い素材になります。

着ぶくれなく、ファッションを楽しめるんじゃないでしょうか~。

着心地の良さがあり、体の蒸気を吸収し発熱します。

ヒートテックの素材
34%レーヨン、33%ポリエステル、28%アクリル、5%ポリウレタン

裏起毛の1.5倍暖かい極暖ヒートテックの素材は?

 

ヒートテック 素材

「極暖ヒートテック」は、ヒートテックの1.5倍暖かく裏起毛です。

重さも、ヒートテックより、重くなってます。

極暖ヒートテックの素材
50%アクリル、33%レーヨン、13%ポリエステル、4%ポリウレタン

ウインタースポーツにもおすすめな最も暖かい超極暖ヒートテックの素材は?

ヒートテック 素材

「超極暖ヒートテック」は、通常の約2.25倍、最も暖かいヒートテックです。

ふわふわとした毛足があって肌に柔らかく気持ちよい裏起毛素材。

吸水発熱、保温、吸放湿、保湿などの快適機能をプラス。

極寒地でも対応する暖かさを持っています。

超極暖ヒートテックの素材

47%アクリル、26%ポリエステル、20%レーヨン、7%ポリウレタン

ヒートテック3種類を表にして比較してみた!

 

17FW_J_AP_00_000_HTリーフレット 210_296 ウラol

ユニクロのヒートテックインナーが薄くてもあたたかいのは“自家発電するインナー”なんです。

体から発する汗などの水蒸気を熱に変え、体をあたためます。

さらに超極細繊維によって、あたたまった空気を衣服内に溜めて逃さない、高い保温性があります。

吸湿・放湿性にも優れており、余分な熱や湿度を逃してムレを軽減するので、

快適さもあるのがヒートテックの特徴なんです。

『吸湿発熱素材』『吸湿発熱ウェア』とも呼ばれています。

「吸湿発熱」とは…

人間は汗をかかなくても1日に約0・8ℓの水蒸気を体全体から蒸発させていると言われています。その水蒸気が運動エネルギーをもっていて、これが繊維に吸湿し発熱することを『吸湿発熱』と呼びます。

どんな繊維でも吸湿発熱作用を持っていますが、ヒートテックは水蒸気の吸湿を・皮膚に近い部分で起こるように・速く外へ拡散させる・速く蒸発させる・しっかり断熱されるという仕組みによって、他の物より暖かく感じるのです。

ヒートテック3種類の素材別比較表

ヒートテック3種類それぞれの素材別の比較表を作りました。

微妙に3種類の違いがあります。

ヒートテック 極 暖 超極暖
レーヨン(保湿性) 34% 33% 20%
ポリエステル(給水速乾性) 33% 13% 26%
アクリル(暖かさ) 28% 50% 47%
ポリウレタン(フィット性) 5% 4% 7%

上の図を見ると、共通して多いのは「レーヨン」と「アクリル」です。

保湿性と暖かさですね。

ヒートテックは、一番暖かさが少なく、保湿性と速乾性が多いです。

極暖は、超極暖より暖かさが多く、保湿性が高くなっています。

ヒートテックは登山には向いていない繊維が使われている

私がヒートテックを着用していつも思うのは、

汗をかいたときにひんやり、べたっと肌にくっつくような気がしていました。

それはきっとレーヨンのせいだったんですね。

ヒートテックは登山で使用しないほうがいいといわれています。

これは、「レーヨン」を使用しているため、

乾きにくく、汗で体が冷えてしまう可能性が大きいのです。

ヒートテックには暖かさを生み出すために、「レーヨン」を使用しているのですが

レーヨンは濡れると乾きにくい繊維でもあり、肌に直接触れるインナーが濡れていると、

特に秋冬の山では濡れた部分から体が冷えてしまう危険が。

体が冷えると体調を崩してしまうだけでなく、

最悪の場合、低体温症になってしまうこともあるため

登山にはやめたほうがいいといわれているのです。

すみれ
すみれ
登山に絶対必要なのかなって思ってた!

ヒートテックは、毛玉になりやすい?

極暖・超極暖はアクリルが多いのですが、これはウールに似た素材で柔らかさが特徴です

しかし毛玉になりやすい特徴があります。

毛玉を防止するには裏返して洗濯したり、洗濯ネットを使い、他の洗濯物との摩擦をへらすことが大切です。

ヒートテック 寿命ヒートテックの寿命は一年で効果なくなる!?寿命を伸ばす方法とは?

ヒートテック3種類の特徴の比較を表にしてみた!

こちらは、それぞれの特徴を表にしたものです。

ヒートテック 極暖 超極暖
発熱
保温
ストレッチ
静電気防止
消臭
抗菌
急放湿
消臭
保湿
吸汗速乾
形状保持

3つのヒートテックに共通するのは

  • 発熱
  • 保温
  • 吸法湿
  • 保湿
  • ストレッチ

この5つです。

基本、暖かさにはこの5つが必要ですよね。

しかし!「静電気防止」機能は「通常の」ヒートテックにしかありません。

ヒートテックの素材は、どんどん進化されていて暖かくなっています。

これだけ暖かくなっているのには、素材にアルガンオイルというオイルを配合したことによって

保湿効果や肌触りが他のヒートテックと比較して向上しました。

そして極暖ヒートテックと同様に裏起毛を採用して保温性を高めています。

 

実際、私がヒートテックを着て思うのは、とても薄くて体に密着しているので

着ぶくれなどは一切なく着ていることがわからないくらいです。

締め付け感もなく、動きづらさもありまん。

極暖のほうは、締め付け感はないのですが、生地が厚く、着ている感覚が強く、気になりました。

ヒートテック3種類のメリットとデメリットとは?

 

ヒートテック 素材

極暖・超極暖ヒートテックのメリットはとにかく暖かいです。

極暖、超極暖を着用することによって厚着をしなくても、身体を冷やさずに暖めることができるのです。

必要な防寒レベルに合わせて効果的なものを選ぶとより良いです。

デメリットは、極暖ヒートテックと超極暖ヒートテックの使い分けが必要になります。

通常のヒートテックを着用して十分な気温でこれらのヒートテックを着用してしまうと

必要以上に身体を暖めてしまいますので暑さや蒸れを感じる可能性が高くなります。

その日の気温に合わせて使い分けるか、通常のヒートテックを着用して

あとは上着で調節するかの対策になるのです。

ヒートテック 寿命ヒートテックの寿命は一年で効果なくなる!?寿命を伸ばす方法とは?

ヒートテック3種類の選び方は?

 

ヒートテック 素材

ヒートテック3種類の選び方ですが、季節で使い分けるといいですよね!

日によって、月によって気温は変わるので気温で使い分けることもいいのかもしれません。

秋から冬(10〜11月) 通常ヒートテック

冬真っただ中(12~3月)  極暖ヒートテック

真冬(1〜2月)   超極暖ヒートテック

1シーズン着用しても一年のうちの半年です。

だいたいヒートテックの寿命は1年といわれているので2シーズンは着ることができそうですね!

各1枚ずつ購入して、自分に合うヒートテックを足して購入しておくと無駄なく買い物ができます。

またそれぞれ購入して使うので、2シーズンは余裕で使えそうですね!

その日の最高気温別に考えてもいいかもしれません。

11℃以上  通常ヒートテック

8〜10℃  極暖ヒートテック

7℃以下   超極暖ヒートテック

ヒートテック3種類を使い分けると便利!

 

ヒートテック 素材

3種類持っていても使うかな、、と思っていましたがとても便利でした!

  • その日の気温に合わせて着ることができるから便利!
  • 出かける場所によって使い分けることができる
  • 今まではコートのほかに中にカーディガンを着たり、中に2枚着てみたりしていましたがそれがなくなった

まとめ

ヒートテックの素材ですが、暖かさのもとになる素材は、実は登山には向いていなかったりと

素材について調べているうちにいろいろなことがわかってきました。

しかし、ヒートテックは、欠かせないアンダーウエアであって

冬はとても重宝しています。

3種類あって、気温で使い分けると便利だなと思います。

そして、おしゃれな女子には着ぶくれず、薄着のおしゃれもできる大事な存在ですよね!

ヒートテック 寿命ヒートテックの寿命は一年で効果なくなる!?寿命を伸ばす方法とは?

 

にほんブログ村 ファッションブログ 40代主婦ファッションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です