石田ゆり子「さよなら、私」親友の夫と背徳の関係に!

石田ゆり子 さよなら私

Pocket

こんにちは!すみれです。

石田ゆり子さん主演のNHKドラマ「さよなら、私」について調べてみました。

 

石田ゆり子さん主演NHKドラマ「さよなら、私」あらすじ

 

 

View this post on Instagram

 

#さよなら私 ・ 好きなドラマのひとつになりました。 ・ ・ ・ 二人の心が入れ替わってしまうお話と聞くと、 なんだかファンタジーで敬遠されるかもしれませんが、 それによって気づく様々な感情が とてもとても丁寧に描かれてます。 ・ 女性の心の動きや気持ちが、上手に表現されてて 一つ一つの台詞が刺さります。 ・ ・ 第2話以降からほぼ一気に観てしまいました! ・ ・ 涙がポロポロ止まりません。 ・ そして、目が腫れぼったくなりました😑 ・ ・ ・ #永作博美 #石田ゆり子 #NHKドラマ10 #佐藤仁美 好きなんです^ ^

@ salon_balansaccがシェアした投稿 –

 

高校時代、同級生だった薫、友美、春子。

仕事にのめり込んでいたことが原因で

結婚が遠のき独身生活を続けている薫と家庭を持って主婦になった友美と春子。

それぞれ交流が途絶えていたが、41歳で開かれた高校の同窓会で久しぶりに再会する。

第一志望の高校受験失敗に伴い母親との確執で自殺を考えていた友美を、

正反対の性格だった薫は友美を包み込み、

その二人のことを心配し、間を取り持っていてくれた春子、、

それぞれ思いやって3人の友情が生まれた。

 

3人で飲み交わした際に、友美は薫が自分の家庭事情をしりすぎていることに気づき。

夫、洋介と薫の不倫関係を知ってしまう。

友美は薫と洋介との関係について話し合ううちに

もみ合いになり階段から二人は転げ落ちる。

その時2人は互いに心と身体が入れ替わってしまう・・

 

二人は入れ替わったことを洋介にも春子にも打ち明けられないまま

奇妙な夫婦関係、不倫関係、友人関係が始まる。

そして、春子の夫・光雄の浮気が判明、、

不倫を認識しているにも関わらず、強くなる友情、

続く夫婦の会話がファンタジー的に続いていく。。。

ある日、友美の身体は癌におかされていることがわかった。

身体は友美だが、心は薫。。

薫は友美の身代わりだったら死ぬ事を受け入れられると友美に告げる薫。

そこに戻ると自分が死ぬと分かっていても友美は自分の身体に帰りたい。

愛する息子の健人を育てていけるのは薫の身体だけなのだ。

もし2人が元の身体に戻ったら、薫は健人を母として愛していけるのか。

2人の心の葛藤が始まる。

薫の身体に宿った友美の心は母との和解にも結びつけてくれた。。

友美の余命を知ってから始まった同級生3人の家族と洋介たちの奇妙な共同生活。

健人は母を失っていくさみしさを乗り越え、

新しい母親として友美に託された薫と共に生きていく。

 

身体が入れ替わることで二人の心の葛藤が出てきていろいろと考えさせられるドラマでした。

 

親友の夫と不倫関係にある奔放でキャリアウーマン役の石田ゆり子さん

石田ゆり子 さよなら私2

今、一番色気があるといわれている石田ゆり子さん。

やはり、そういったシーンがありました。

石田ゆり子さん演ずる薫が不倫関係にあるのは

永作博美さんの夫役藤木直人さんです。

 

キャリアウーマンでちょっと気が強いかっこいい役柄でもあるので

今までにない雰囲気の石田ゆり子さん。

藤木直人さんとのラブシーンは、美男美女ですのでとても綺麗!!

 

親友の夫との関係・・

禁断の関係なので石田ゆり子さんの役はそういったものが多いなあという印象ですね!

 

1話 彼だけはやめて

2話 認めたくない喜び

3話 秘密

4話 別れの予感

5話 罪と罰

6話 ママになりたい

7話 女と男

8話 誰のための命

9話 幸せな家族

 

 

現実離れした設定になっていますが、

ドラマの中の挿入曲のセンスの良さそういうのも見てもらいたいドラマです。

 

そして、石田ゆり子さんと永作博美さんの喧嘩のシーンは、

飾らない言葉で喧嘩するのは見ていてさばさばするくらいの潔さです。

石田さんの新しい一面を見た感じがしましたね。

 

石田ゆり子「さよなら、私」真の友情とは?40代同士の思いとは?

石田ゆり子 コントレール4

40代の女性は、人生の選択の差でだいぶ生活も金銭感覚も変わっていきますね。

 

薫と友美は、対照的な人生を歩んできたことで生まれる羨望や嫉妬、、

いろいろな感情がありぶつかっていく。

 

それは誰にでもあることで、視聴者にはかなりリアリティがありますね。

お互い身体が入れ替わったことでわかる、いろいろな苦労やさみしさ。

身体が入れ替わってお互いいたわれるようになり、理解していく。。

そんな話でした。

 

主題歌は平井堅さんの「おんなじさみしさ」

番組のプロデューサーの方は、平井堅さんに主題歌を依頼し、

出来上がって聞いたとき驚きと感動で鳥肌がたったそうです。

大まかな打ち合わせで作った平井堅さん。

こんなことをおっしゃっています。

他人と自分を比較したり、過去と今を比較したり、

私たちはいつも植え付けられた尺度、自分で決めつけてしまった尺度に計られ、

揺られて生きている気がします。

純白な感情なんてない。

嫉妬や羨望を内包しながらもそれでも人は人を求めずにはいられない。

寂しさの量は、外側からは計れない。

寂しさに優劣はない。

同じ寂しさを抱えている大切なあの人に会いに行く。

その瞬間の風景を切り取って書きました。

どんなに揺られても人生は進んでいく。

トンネルもあれば陽だまりもある。

この歌から、このドラマから何かをつかんでいただけると嬉しいです。

求める気持ちの裏側ならば、寂しさも悪くない。ですよね?

 

この言葉、、、本当にこのドラマにぴったりの言葉ですね。

人生半ばの年代の方にぜひ見てもらいたいドラマですね。

やはり、人生半ばの石田ゆり子さんや永作博美さんだからこそできた役柄かもしれませんね。

 

石田ゆり子さんに関する記事はこちらからもどうぞ!

石田ゆり子ドラマ「コントレール~罪と恋~」切ない激しい大人のラブシーン

嫌な果実の再放送を!綺麗すぎる石田ゆり子のキスシーン

逃げ恥に出てきた瓦そばが食べたい

ぴったんこカンカンの石田ゆりこに胸キュン!安住さんと逃げ恥、恋ダンスを披露。

石田ゆりこの結婚は?ドラマの恋ダンス、instagramがかわいい

逃げ恥!石田ゆり子の衣装、アクセサリー、バッグはどこの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です