女優

上白石萌音は帰国子女で英語スペイン語ペラペラ!ネイティブ並みの動画がすごい!

kamisiraishimone

2021年1月12日から始まるTBS火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の主演の上白石萌音さん。

上白石萌音さんは、「恋はつづくよどこまでも」で人気が爆発し、今、注目の女優さんですね。

上白石萌音さんは、帰国子女で英語とスペイン語がペラペラだということはご存じでしょうか。

いつ海外に住んでいたのか、どのくらい話せるのか、気になりますよね。

今回は「上白石萌音は帰国子女で英語スペイン語ペラペラ!ネイティブ並みの動画がすごい!」と題してお話しします。

上白石萌音は帰国子女!英語スペイン語ペラペラはなぜ?

上白石萌音のプロフィール

  • 上白石萌音(かみしらいしもね)
  • 1998年1月27日生まれ(22歳)
  • 鹿児島市出身
  • 152センチ
  • 妹・上白石萌歌
  • 英検2級・スペイン語検定6級
  • 明治大学国際日本学部に在籍

上白石萌音さんは、鹿児島県内の「マリアミュージカルアカデミー」に通っていました。

 

2006年小学校3年生から5年生までメキシコに暮らしていたそうです。

上白石萌音さんの父親は、メキシコで日本語教師をしていたそうです。

メキシコに住んでいたことで、スペイン語が話せるようになったということですが、生活するうえでは、スペイン語がうまく話せないこともあったそうで、そういったときは英語でコミュニケーションを取ったということです。

メキシコではこのように暮らしていたそうです♪

メキシコって歌や踊りがあふれている国で、街には必ず音楽が流れていて誰かが踊っている。それがすごく幸せな光景で、そのときに改めて音楽やエンタテインメントのよさを感じたし、その3年間で自分の性格もすごく変わったと思います。

人がとても温かくて、英語がわからなくても、聞かれた道がわからなくても、人を助けようとする優しさがあるんです。人と生きているという感じがすごくしました。

私はメキシコに行く前までは人と関わることが苦手だったんですけど、人とのつながりを大切にする国に行ったことで人と話すことが好きになったし、人と新しく関係を持つことが好きになりました。メキシコで今の私が形成されたんです。帰国したら「変わったね!」って驚かれました。
引用:音楽ナタリー

上白石萌音さんは、メキシコで人生が変わるほどの経験をしてきたのですね!

その後、中学1年生の時に先生の勧めで「東宝シンデレラオーディション」を受け、審査員特別賞を受賞、東宝芸能に所属しました。

2021年現在は、明治大学国際日本学部に在籍し、週5で大学に通っていたそうです。

国際日本学部は、週に8コマあり、英語で翻訳をしたり、プレゼンだったりと、英語力をあげるような授業を受けているようです。

上白石萌音のネイティブな英語力がすごい!

上白石萌音さんは、現在も明治大学で英語の勉強をされているようです。

英語ペラペラな動画を見つけましたので、ご紹介しますね。

映画「アリータ」でのインタビュー

映画「アリータ」の番宣で、上白石さんがインタビューをした場面は、通訳なしで、聞き取り、発音もとてもきれいです。

「on my own」を歌唱

ネイティブな英語ですごいですね!

ドラマ「Home Sweet Tokyo」

2020年12月5日から放送されたオリジナルドラマ「Home Sweet Tokyo」に出演し、全編英語のドラマの中で、とても流暢な英語で自然な演技をされていました。

おしゃれイズムでスペイン語を披露

これだけの英語力とスペイン語を話せる上白石萌音さん、これからの女優業も楽しみですね!

上白石萌音は帰国子女で英語スペイン語ペラペラ!ネイティブ並みの動画がすごい!まとめ

今回は「上白石萌音は帰国子女で英語スペイン語ペラペラ!ネイティブ並みの動画がすごい!」と題してお話ししました。