芸能人

小松美羽の変わってるエピソード!狛犬を描く美人すぎる画家は結婚願望なし?

komatumiwa4

2020年24時間テレビのチャリティーTシャツをデザインした小松美羽さん。

美人すぎる画家としても話題になっている方です。

今回は、「小松美羽の変わってるエピソード!狛犬を描く美人すぎる画家は結婚願望なし?」と題して小松美羽さんについて深堀していきます。

小松美羽のプロフィール!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

小松美羽のプロフィール

  • 小松美羽(こまつみわ)
  • 1984年11月29日生まれ(35歳)
  • 長野県出身
  • 女子美術大学短期大学部卒業
  • 趣味:狛犬研究、温泉めぐり、海外旅行
  • 特技:薙刀(北信越で3位)
  • instagram 

小松美羽さんは、「美しすぎる銅版画家」と言われている方です。

自己アピールが苦手だそうですが、作品を見るとパワーがすごいので、作品で自己アピールをされているのかもしれませんね。

小松美羽さんの座右の銘は「自分の感受性くらい」。(茨木のり子さんの詩)

友人関係に悩んだりしていた18歳の時にこの詩と出会い、今も東京と坂城町のアトリエの両方に貼ってあるのだそうです。この詩は、「金八先生」の中でも武田鉄矢さんがよく読んでいた詩です。

 

「自分の感受性くらい」

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを

近親のせいにするな

なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

画家として、うまくいかず悩んだとき、節目節目でこの詩に救われたという小松美羽さん。

とても素敵な詩ですよね。

小松美羽の狛犬が大英博物館に!経歴は?

小松美羽さんの彩色された有田焼の狛犬「天地の守護獣」が現在イギリス、大英博物館に展示されています。こちらの作品は2015年に所蔵されました。

大英博物館に所蔵されるって、素晴らしいですね!

どういった経歴の持ち主の方なんでしょうか!

小松美羽の幼少期・画家になったきっかけ

komatumiwa1

長野県に生まれ育った小松美羽さん。

周りには、多くの美術館があり、お母様がよく連れて行ってくれたそうです。

画家という職業があることを知り、美術館のノートに思わず

「将来は美術館に作品を展示してもらえるような画家になりたい」

と書いたそう。

 

小松美羽 大和力を世界へ [ 小松美羽 ]

楽天で購入

女子美術大学から現在

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

小松美羽さんは、女子美術大学に進学。

大学では、銅版画にのめり込み、短大卒業後も研究生として2年間制作をされたそうです。

その頃、のちに代表作と言われる「四十九日」を描いています。

komatumiwa2

研究生を卒業後、百貨店のアート部門でアルバイトをしながら、お客としてくる、アート関係の方々に「四十九日」を見てもらったそうです。

「四十九日」は、祖父の魂がラクダに乗って成仏する姿を描いた作品です。

見てもらった評価はどれもひどかったようです。

しかし、高橋紀成さん(アートプロデューサー)さんだけが興味を持ってくれ、理解をしてくれたのがきっかけで、画家として初めて仕事をすることになったようです。

そして、いろいろな世界の人と接していくうちに、作品と人との関係性について学んだといいます。

絵というのは自己満足で描くものではなく、人の心に入っていくものを描くものなのだと

気づいたんだそうです。

その後、仕事の幅も増えて、銅版画はもちろん、ペン画、墨絵、アクリル画や着物の衣装デザイン、屏風大作、有田焼への絵付け、映画の劇中画制作など多様な作品を手掛けるようになりました。

 

 

狛犬の作品が多い理由は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

小松美羽さんは幼少の頃から、自分以外の人には見えない存在を見ることができていたそうです。

それは、妖精のような、または妖怪のような「生きもの」

狛犬のルーツはイスラエルから始まっているそうで、最初は羽が生えた姿をしていて、それが、スフィンクスとなり、中国に渡れば獅子になったりといろいろな宗教観で姿が変わっていくそうなのです。

そして、そこが魅力的だと話す小松さん。

もともとは白黒の作品が多かった小松さん。

色を使うきっかけは、出雲大社に正式参拝した時に、人々の祈りの光が集まり、天に上ってくのが見えたんだそうです。

それから、「色を使うは祈りにつながる」と考えるようになり、祈りを込めた色で

神獣を描いているんだそう。

小松美羽の変わってるエピソードは?

2010年にテレビに出演した小松美羽さん。

「四十九日」の作品について語っていますが、ご本人のキャラと作品のギャップがすごいので、知らない方は見てみてください!

そして、「変わってる!」と思われる発言がとても多い小松美羽さん。

エピソードをまとめてみました。

見えない存在が見える!

狛犬を描く理由でもあるようですが、幼少の頃から、自分以外の人には見えない存在を見ることができていたそうです。

近くの神社や山へ行くと、自分の周りに妖精のような、あるいは妖怪のような「生き物」があらわれて、それを絵に描くのが楽しくて、最初は他の人には見えない存在であるとも知れずにいました。

山の犬が道案内をしてくれる

いつからか、小松美羽さんが道に迷ったりすると、茶褐色の山の犬が現れて道案内をしてくれたそうです。

それがしばらく続いたのですが、雪の日に現れたその犬の足あとがないことに気づいて、ふと目を見上げると、くるくると円を描いて消えてしまいました

こういった不思議な体験が今の小松さんの作品にもつながっているようです。

光る玉が見えた!

小松さんの作品には「生と死」についての作品がとても多いですね。

描くようになったきっかけは、中3の時に飼っていたウサギのラビちゃんが天に召した時・・

「頑張って」と最後まで頑張っていたラピちゃんに声をかけていたそう。その時に、「辛いし、もうお迎えが来たから行くよ」というように息を引き取ったラピちゃん。。

その時に光る玉が体からポーンと出たのを見たんです。相棒のチョコちゃんが亡骸ではなくその光る玉を目で追っていました。その時ラピちゃんの亡骸にはラピちゃんがいないから、チョコちゃんは光る玉の魂を追ったんだ、魂はホントにあるんだと感じたそう。

小松美羽の変わってる恋愛観!結婚願望なし?

小松美羽は恋愛は疲れるし苦手!

恋愛は苦手だという小松美羽さん。以前の別れたときのエピソードもすごかったのです。

恋愛とかはね、よくないです。大声で語れる自慢などないですね。疲れるし、自分のペースを乱されますしね。合わせてしまったりするんですよね、私も。それで4か月くらい耐えたんだけど、最後にプレステ3を渡して「これで時間をつぶして」とわかれたことがありました。よく耐えたと思います、私。

最初から付き合わなきゃよかったのに、、と思いますよね。笑

小松美羽は結婚より子供が欲しい

だからもう、優秀な子供を授かるだけでいいです。40歳くらいで一人産み落としたい。優秀な女の子を生みましてね、国際弁護士に育て上げ、私を守ってほしいです。

そんな小松美羽さんは母からも諦められているといいます。

妹の紗羽さんも画家にしかなれない人と言っているそうです。

美羽さん自身は「結婚願望は強くないが、さみしがりやな性格。『みんな見て!』という気持ちが強い。そんな自分を理解してほしいという気持ちを作品に込めている」そうです。

小松美羽の妹・紗羽はドッグトレーナーで美人!仲のいいほのぼのエピソードは?

24時間テレビ2020のチャリティーTシャツに決まる!

 

チャリTシャツに描かれたデザインについて、小松美羽さんはこう語っています。

「今年の(24時間テレビの)テーマは【動く】です。2020年、世界中の誰もが想像していなかった状況に直面しました。平和と祈りと希望の象徴である“鳩”、守護の象徴である“狛犬”を描きました」(小松美羽公式サイト内『NEWS』ページ参照)

イラスト内には“INORI FOR OUR PLANET”の文字も!

チャリティーTシャツは、2020年7月10日より販売開始されています。

 

 

●サイズ
120 / SS / S / M / L / LL

●価格
1,800円(税込み)

7月10日(金)より
日テレ屋、全国のイオングループのお店などにてお求めになれます。
チャリTシャツ通販サイトはこちら