俳優

三浦春馬のパン屋さんはどこ?エピソードが感動!シナモンロールが好きだった

miuraharuma24

2020年7月18日に急逝した俳優・三浦春馬さん。

さまざまな方からのコメントを見ても、とても人懐っこい人柄、誰からも愛される三浦さんがたくさん見えてきました。。。

今回は、三浦春馬さんが通っていた行きつけのパン屋さんのエピソードを紹介します。

テレビ番組で見ていて、思わず涙してしまいました。

今回は「三浦春馬の行きつけのパン屋さんはどこ?エピソードが感動!」と題してお話していきます。

三浦春馬の歌がすごい!動画FNS歌謡祭やダンス映像過去まとめ!

三浦春馬さん追悼!芸能人のコメントやメッセージまとめ!交流がわかる画像も

三浦春馬とパン屋さんとのエピソードとは?


三浦春馬さんの所属事務所(アミューズ)のスタジオから近くにあるパン屋さんは、10年ほど前からも三浦春馬さんが訪れていたと話してくれました。

ただ、この一年ほど、まったく来なくなっていたそうで。。

心配になって、三浦さんのマネージャーさんにパン屋のご主人が、「春馬君が元気ないなら、ウチでパン作りでもして気分転換したらどう?」とメールをしたばっかりだったとか。。

 

お気に入りはその店自慢のシナモンロールで、現場への差し入れ用にこの店のパンを大量に購入することもあったといいます。

パン屋のご夫婦を出会った時から、「お父さん」「お母さん」と呼んで慕っていたそうです。

帰るときには、「お父さん、お母さん体に気を付けてね」と三浦春馬さんは毎回声をかけてくれたんだそうです。

ご夫婦には、お子さんがおらず、三浦さんのことを自分の息子のように思っていたそう。。

ある時は、三浦さんの出演舞台のチケットが取れないと、三浦さんに話すと、「僕が取りますよ」とチケットを取ってくれ、楽屋にも呼んでくれたそうです。

miuraharuma22

この写真を見るとわかるのですが、一度ではなく何回か呼んでくれたようですね。。

パン屋さんのお母さんは、「大勢の芸能人が店に来てくれるけど、『楽屋どうぞ』と言ってくれたのは春馬くんだけです」と話していました。

楽屋に訪れると、三浦さんは「写真を一緒に撮りましょう」と申し出てくれたそうです。

またパン屋さんの出入り口に敷いてあるマットがめくれてしまっていた時には、他の人は通りがけに足を使ってそれを直したりしていたようですが、三浦春馬さんは、かがんで手でマットを直したと明かし、パン屋のお母さんは「あの子、すごいと思って。ちょこっとしたことなんだけどね」と感心したそうです。

パン屋さんのお母さんがおっしゃるように、「ちょっとしたこと、、」ですが、こういう時に人柄って出るような気がします。

誰も見ていないようなときの、人の行動。。

2010年には、三浦さんがJR東日本「MY FIRST AOMORI キャンペーン」CM に主演。その頃は、パン屋に入るときに駅員のように敬礼し、茶目っ気たっぷりな様子だったそうです。

亡くなった三浦さんのことを話すうちに思いが募り、お母さんは

「ごめんなさい。今日は泣かないつもりだったの」と詫びながら顔を手で覆い、

「でもね、笑顔しか…笑顔しか浮かばないの。春馬くんの笑顔が好きだった」と言葉を絞り出していました・・。

miuraharuma23

とてもつらすぎます・・

7月22日には、三浦春馬さんのマネージャーが来たそうで、好きだったシナモンロールをお供え用と事務所のみんなと食べて供養するために買っていかれたそうです。

三浦さんのご冥福をお祈りいたします。。

三浦春馬さんの行きつけのパン屋は「キャッスル」

 

 

パン屋キャッスル

  • キャッスル(CASTLE)
  • 東京都世田谷区中町4-8-7
  • 営業時間 6:00~19:30
  • 定休日 日曜日

パン屋さんは、ご高齢のお父さんとお母さんが販売営業されていらっしゃいますので、ご迷惑のかからないようお願いいたします