“少年の心を忘れない女性”になりたいですね。歳を重ねると成熟した女になるわけですが、好奇心とニュートラルな気持ちを持ち続けたい。その意味で少女ではなく、“少年”という言葉を選びました。情緒的な表現は母親譲りかもしれません。