ドラマ

姉ちゃんの恋人の藤木直人は社長?秘密は真人の過去の罪と関係ある?

sister-lover

フジテレビ系の有村架純さん主演の火曜ドラマ「姉ちゃんの恋人」。

有村架純さん演じる安達桃子は、9年前の高校3年生の時に交通事故で両親を亡くし、残された3人の弟たちを養うため大学進学を断念、親戚から紹介されたホームセンターに就職し働いていますが、ある日、配送部の林遣都さん演ずる吉岡真人と出会い、彼に恋をしてしまいます。

5話では、桃子が真人に告白しますが、真人は、過去に傷害罪で服役していたことを桃子に話して、「自分は桃子にふさわしい人間ではない」と拒絶し、二人の恋の行方が気になるところです。

そして、真人の先輩、藤木直人さん演ずる高田悟志!いつもはざっくばらんで頼れる先輩ですが、時々休みを取ったり、高そうなスーツを着ていたりと秘密がありそうです。

悟志はもしかして社長なのではという声が多いようです。

今回は、「姉ちゃんの恋人の藤木直人は社長?秘密は真人の過去の罪と関係ある?」と題してお話しします。

姉ちゃんの恋人の藤木直人は社長?

 

藤木直人さん演じる高田悟志は、45歳で林遣都演ずる吉岡真人と同じ配送部の先輩です。

悟志は、いつも真人を気遣う優しい先輩であり、クリスマス企画のミーティングに配送部代表として真人に行くよう仕向けてくれたのです。

そのクリスマスの企画で、急接近した桃子と真人。

そして、桃子の先輩の小池栄子演ずる市川日南子は、ある日、バーで悟志と出会います。

日南子は、悟志に一目ぼれし、その後、職場で再会。4人でバーベキューをしたりと、仲良くなっていきます。

そんな悟志なのですが、急に仕事を何日か休むことがあったり、第5話では、配送部の時とは違った雰囲気で、高そうなスーツを着こなすかっこいい姿が。

何か、悟志には秘密がある・・

そんな雰囲気の5話。。

姉ちゃんの恋人藤木直人の社長である伏線考察

藤木直人さん演ずる高田悟志は、配送部でいつも作業着姿。

しかし、5話では、いつもと違った雰囲気のスーツ姿の悟志が!

このスーツ姿を見て、「社長なのでは?」という声が多かったようです。

1話から5話の中に、いくつか、社長と思わせる伏線があったようです。

藤木直人が社長である伏線①1話での会話

第1話で、悟志と真人が車の中で会話をしていましたが、真人は、社長に感謝しているような言葉を話していました。

クリスマスの企画の提案を日南子は社長に送っていますが、その後、悟志は真人に企画に行くように促しています。

姿のない社長の存在が、かなり大きく出ていたのも悟志だからなのかも、、

藤木直人が社長である伏線②フォークリフトに乗らないのはなぜ?

悟志がフォークリフトに乗っている姿は一度もないのが不思議です。

険しい顔を見せるのは、社長であり、経営がうまくいっていないからなのか?

何か、わけがありそう。

藤木直人が社長である伏線③真人を心配している

悟志は、いつも真人を心配そうに見ていたり、見守っていることが多いことから、悟志が社長で真人を雇い、様子を見守っているのかもしれませんね。

悟志自身も、以前は何かあったのでは。。だから、余計に同じような真人を見守っている可能性はありそうです。

あんなにイケメンで爽やかなのにかかわらず、45歳独身。。うーーん、なんか、ありそう。

この後、何か嫌なことが起きないことを祈ります(^_^;)

 

姉ちゃんの恋人の藤木直人は社長?秘密は真人の過去の罪と関係ある?まとめ

今回は、「姉ちゃんの恋人の藤木直人は社長?秘密は真人の過去の罪と関係ある?」と題してお話ししました。

最後までお読みいただきありがとうございました。