芸能人

渡哲也と吉永小百合は恋人同士で結婚寸前で破局していた!悲恋の結末は?

wataritetsuya16

銀幕のアクション俳優や甘い歌声で歌う歌手、または芸能プロダクション「石原プロモーション」を率いる“石原軍団団長”として活躍してきた渡哲也さん。

渡哲也さんが2020年8月10日午後6時30分、肺炎のため逝去されました。

昭和の大スターでした。

「西部警察」などのヒット作品に出演し、数々の映画やドラマに出演された渡哲也さんですが、若い頃、吉永小百合さんと恋人同士だったそうです。結ばれずに終わった恋だったそうです。

今回は「渡哲也と吉永小百合は恋人同士で結婚寸前で破局していた!悲恋の結末は?」と題してお話します

渡哲也さん10日に逝去!闘病の連続だった

2020年8月10日に肺炎のため亡くなっていた渡哲也さん。78歳でした。

渡哲也さんは、様々な病気と闘ってきました。闘病の連続だったと言われています。

渡哲也さんの闘病の歴史

渡哲也さんの闘病の歴史を振り返ってみましょう。

■1972年7月 フジテレビ「忍法かげろう斬り」撮影中、「葉間肋膜炎」で2カ月入院。

■1975年3月 2月から高熱が続き、5か月入院。「慢性肺感染症」だった。しかし、実際には難病の「膠原(こうげん)病」だった。

■1989年3月 「ゴリラ・警視庁捜査第8班」撮影中、腓膜筋断裂で全治1カ月半の重傷

■1991年6月 「直腸がん」を公表。

■1991年6月 「直腸がん」の手術。人工肛門になる。当時、人気俳優の「人工肛門」公表は大変な衝撃をもって受け止められた。

■1997年7月 「悪性の大腸がん」

■2015年6月 急性心筋梗塞の緊急手術。車いすでの生活に。。

■2015年11月 舘ひろし、神田正輝ら石原軍団と共に宝酒造「松竹梅」新CMを撮影。

■2016年8月 吉永小百合と宝酒造の新CM撮影。車いすが必要なくなるまで回復。持病の肺気腫やぜんそくなどの呼吸器系の疾患で酸素吸入器をつけて生活

■2018年春 外出時にも酸素吸入器が外せないと報じられる。

闘病の連続で、大変なご苦労だったと思います。そんな中、お仕事もしっかりされていた渡哲也さん。

精神的にもとても強い方だったんだと思います。

そんな渡哲也さんの若い頃を振り返ってみましょう。

渡哲也と吉永小百合は恋人同士だった!

wataritetsuya1

渡哲也の俳優へのきっかけ

渡哲也さんは、青山学院大学在学中に浅丘ルリ子主演100本記念映画の相手役となる新人「ミスターX」に勝手に応募されたことが俳優へのきっかけだったそうです。

渡さんは、激怒したそうですが、その時就職を希望していた日本航空の整備士社員の採用試験が不合格になり、「撮影所に行けば、石原裕次郎に会えるかも知れない」と友人から言われ、日活撮影所を訪問したそうです。

そしてその時にスカウトされ、1964年に日活へ入社。

渡哲也と吉永小百合の交際の馴れ初め

wataritetsuya21964年に日活に入社した渡哲也さんは、1965年に映画「暴れ騎士道」で主演デビューを果たし、見事「エランドール賞新人賞」を獲得しています。

1966年の映画「愛と死の記録」で吉永小百合さんと共演することになりました。

元々は浜田光男さんが主役だった「愛と死の記録」

浜田光男さんは、ケガをされてしまい渡哲也さんが代役を務めることになりました。

その時、渡哲也さんはまだ二年目の25歳、吉永小百合さんは6年目の21歳でした。

wataritetsuya3

「あの映画には、中尾彬も出演していたんだけど、当時は中尾が小百合ちゃんにラブレターを送ったりして、入れ込んでいた時期でね。その相談相手が、渡さんだったんだよ。初めて出会ったのは広島のロケ地だったはず。渡さんは、大学時代から憧れていた小百合ちゃんの前でガチガチだったそうですよ。素人同然でデビューした翌年のことでしたからね。でも、その雰囲気が小百合ちゃんにはかえって新鮮で、惹かれるものがあったんでしょう」(映画関係者)  

「小百合さんは手先が器用でね、手編みの座布団を渡さんに贈っていた。渡さんは『ありがたくないな、こんなものを。恥ずかしくて使えないよな』と頭を掻きながらもうれしそうにしていましたね。当時、小百合さんのことを“カミさん”って呼んでいました。みんなは“小百合ちゃん”だったけど『愛と死の記録』で恋人役を演じてから、渡さんだけ“カミさん”でした。誰から見ても相思相愛でしたよ」

その後、共演が続いて行った二人。

「青春の海」

wataritetsuya4

「嵐の勇者たち」

wataritetsuya5
  • 1966年 「愛と死の記録」
  • 1967年 「青春の海」
  • 1969年 「嵐の勇者たち」

共演が続くにつれ、どんどん惹かれあっていった渡さんと吉永さん。

家族公認の仲になり、頻繁に吉永小百合さんの家を出入りする渡哲也さんの様子が見かけられていたそうです。

仲間内では、有名な仲だったそうで「うちのかみさん」と呼んでいた渡さん。

そして、吉永小百合さんにとって初めての交際相手が渡さんだったそうです。

大恋愛に発展した渡哲也さんと吉永小百合さんは、なぜ破局してしまったのでしょうか。

渡哲也と吉永小百合の破局の原因は?

wataritetsuya62年弱続いた交際は、なぜ、破局してしまったのでしょうか・・

破局の原因は、お互いの家族の意見の違いと言われています。

「吉永小百合さんの父親が、渡さんとの結婚が、というよりも結婚そのものを認めようとしなかった。吉永さんは清純なイメージで売っていましたから、そのイメージが傷つくことを恐れたのです。吉永さんに専業主婦になってほしがっていた、渡さんのご両親の意向にも吉永さんのお父さんが大反対だったようですね」

渡哲也さんのご両親が、吉永小百合さんの女優引退を望んでいたと言われています。

吉永小百合さんの父親は、東大法学部出身のエリート。
母親は実家が出版関係の会社経営をしている裕福な家庭だったそうです。

吉永小百合さんの父親は、そのころ、吉永小百合さんのマネージャーを務めていて「交際はいいが結婚はダメ」と言っていたそう。

母親は「結婚したら相手を許さない」と言っていたとか・・

モテる男と結婚したら苦労するという理由もあったそう・・

その頃、吉永小百合さんの父親の会社が倒産し、家計を支えていたのは吉永小百合さんだったのでは・・と言われています。

渡哲也さんは、時々酔っては「何で俺のところに飛び込んできてくれないんだ」と電話してきたこともあったそう・・

しかし、吉永小百合さんは両親を説得できず、、「あなたとは結婚できません」と伝え、破局に至ったそう・・

その後、渡哲也さんの結婚を知り、吉永小百合さんは後悔の念で号泣したそう・・ショックを受けた吉永小百合さんは、涙ながらにパリへ傷心旅行に出かけたと言われています。

以降、両親との仲が不仲になったと伝えられています。

まさに、映画のような。。。本当に悲恋だったんですね・・

なんだか、せつないですね。。

渡哲也と吉永小百合の破局のその後は?

wataritetsuya7破局してしまった二人は別々の道を歩いていきます。

渡哲也は青学出身の一般女性と結婚

wataritetsuya8吉永小百合さんと破局した渡哲也さんは、1971年、1歳年下の同じ青山学院大学の後輩の「石川敏子」さんと結婚。

「渡さんは空手部に在籍していましたが、その渡さんが一目惚れしたのが、大手鉄鋼会社役員の娘である俊子さんでした。結婚式は1971年にハワイで、ふたりだけで挙げています」(芸能関係者)

大学時代、交際されていた二人、一度は、別れて渡さんは、吉永小百合さんとお付き合いされたのでしょう。

吉永小百合さんとは、親の反対で破局し、また元さやに戻ったのかもしれませんね。

 

1974年ころ、渡哲也さんの病気を看病している奥様。優しそうな方ですね。

wataritetsuya14

お二人の間には、息子さん(40代)がいらっしゃるそうで、大手ゼネコンの鹿島建設に勤務と言われています。

息子さんは独身で、渡哲也さんは息子さんの結婚を気にしていたようです。

吉永小百合はフジテレビ社員と結婚

wataritetsuya9

吉永小百合さんは、渡哲也さんとの破局後、傷心の日々だったようです。

吉永小百合さんは、13年の芸能生活で一日も休みがなかったそう。疲労とストレスで声が出なくなってしまった吉永さん。

そんな時に、19歳の頃から知り合いだった当時フジテレビ社員の岡田さんが「休めないのなら、今できることを一生懸命にやれば、それは見てくれる人がきっと分かってくれるよ」と吉永さんに声をかけたそうです。

それがきっかけで、2人は交際・結婚することになりました。

しかし、またご両親の反対にあいます。。

その時、岡田さんは43歳、吉永さんは28歳。

渡哲也さんの破局から、5年ほどたったころでした。

当時、年の差結婚はあまりない時代、そして、岡田太郎さんに離婚歴があったことで、両親は猛反対しました。

吉永小百合さんは、初めて親に反抗をし、親の反対を押し切って結婚されました。

事務所の社長だった父親は、唯一の所属タレントの娘を失うことになりました。

1976年には、母親が随筆集を出版。娘を奪った岡本太郎氏への恨みを綴っています。

吉永小百合さんがお子さんがいない理由も、母親との確執とも言われています。

旦那様の岡本太郎さんは、その後、フジテレビの社員から共同テレビの社長、会長、相談役と出世しました。

リタイアしたあとは料理を始めたりとしていましたが、84歳で肝臓の重い病気にかかって一時期は危篤状態にもなっていたそうですが、吉永さんの献身的な看病もあり、現在は回復して退院し、仲睦まじくご自宅で暮らしていらっしゃるそう。

吉永小百合さんは岡田太郎さんのために自宅をバリアフリー住宅に改築しています。

1998年 「時雨の記」で渡哲也と吉永小百合が共演

wataritetsuya15

渡哲也さん57歳、吉永小百合さん53歳の時に、映画「時雨の記」で共演。

2000年 「長崎ぶらぶら節」で共演

wataritetsuya13

渡哲也さん59歳、吉永小百合さん55歳の時に、映画「長崎ぶらぶら節」で共演。

2016年 渡哲也74歳、吉永小百合71歳の時にCMで共演

wataritetsuya11渡哲也さんが74歳、吉永小百合さんが71歳の時に「宝酒造 松竹梅「天」」のCMで共演されました。

16年ぶりの共演で、これが最後の共演になってしまったようです。

2人の共演している姿は、とても絵になりますね。そして、時を経ても素敵な関係であることがわかります。

吉永小百合さんが渡哲也さん訃報にコメント

吉永小百合さんは、渡哲也さんの訃報を受け、コメントを直筆で発表されています。

夏の海が大好きだった渡さんは、泳いで泳いで(弟の渡瀬)恒彦さんのところに行ってしまったのでしょうか。大きな病気を何度も乗り越えてこられたのに残念です

吉永小百合さんの胸の中には素敵な思い出がいっぱいなのでは・・

渡哲也さんのご冥福をお祈り申し上げます。