政治家

米山隆一の実家はセイジロー肉店!経歴が天才!過去の女性問題経て室井佑月と結婚!

yoneyamaryuichi5

作家の室井佑月さんが前新潟県知事米山隆一(よねやま りゅういち)さんとご結婚されることが話題になっています。

米山隆一さんとはどんな方なんでしょう。

 

今回は「米山隆一の実家はセイジロー肉店!経歴が天才!過去の女性問題経て室井佑月と結婚!」と題して米山隆一さんのことを探っていきます。

米山隆一のプロフィールや経歴

yoneyamaryuichi1
米山隆一のプロフィール
  • 米山隆一(よねやまりゅういち)
  • 1967年9月8日生まれ
  • 新潟県北魚沼郡湯之谷村出身
  • 趣味:テニス・水泳・ジョギング

 

米山隆一の学歴

1983年 灘高等学校入学

1986年 東京大学教養学部理科三類入学
1988年 東京大学医学部進学
1992年 東京大学大学院経済学系研究科入学
1996年 東京大学大学院医学系研究科入学
1998年 東京大学大学院経済学系研究科単位取得退学
1999年 独立行政法人放射線医学総合研究所勤務
2000年 東京大学大学院医学系研究科単位取得退学
2002年 独立行政法人放射線医学総合研究所退職
2003年 ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員
2003年 医学博士号取得
2005年 東京大学先端科学技術研究センター
医療政策人材養成講座特任講師兼務

米山隆一さんが「天才」と呼ばれている理由は、高校時代、理系110人中卒業時は5番で、東大理IIIに合格。その自己採点の結果はトップの成績だったそうです。

理IIIで1番ということは日本で一番頭がいいということになりますね。

その後、「ハーバード大学」研究員として勤務しています

米山隆一の経歴

医師になった後は、放射線科医として経験を積んでいましたが、医療の専門知識だけでは本当の意味での『人の役』に立つことはできないと考え、法律の勉強をし弁護士へ。

そして、2005年に初めて、新潟5区から立候補します。しかし落選。

2009年 第45回衆議院議員総選挙に、新潟5区から再び立候補。落選。

2011年~ 弁護士として活動(医療訴訟医療過誤)

2012年   新潟5区から立候補、落選

2016年 新潟県知事選挙に出馬し初当選新潟県知事に就任。

柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を反対し、子育て支援や少子化対策、新たな医療の創造、拉致問題の完全解決への取り組みなどを政策目標にしてきました。

米山隆一の実家は「セイジロー肉店」

yoneyamaryuichi2

引用:ツイッター

セイジロー肉店です。創業1979年の精肉店です。

一貫経営の自社農場で生まれた子豚を、
魚沼産コシヒカリの育つきれいな水と豊かな自然環境、
特別配合の餌で、愛情込めて育てました。
柔らかくて、甘みとコクのある豚肉をお楽しみください。
生産から販売までを自社で行っているので、安心安全で新鮮です。

また、セイジローは、生モツを焼いて食べる文化がない頃
モツを徹底的に洗い、販売を始めた元祖生モツの店でもあります。

最高に新鮮で、臭みのないモツを是非ご賞味ください。

引用:http://seijiro-niku.sakura.ne.jp/

新潟県魚沼市七日市新田127

モツのほかに餃子もおいしいようです~

米山隆一氏は、セイジロー肉店の代表取締役も務めています。

yoneyamaryuichi3

米山隆一の女性問題とは

2018年4月17日に開かれた緊急記者会見にて、米山隆一氏は今回の女性問題に関して週刊誌から取材を受けたことを明かしました。

米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。

引用:女子大生が告白 新潟県知事・米山氏「買春」辞任へ

その後、米山隆一さんと関係を持った女性が取材に応じています。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)

引用:女子大生が告白 新潟県知事・米山氏「買春」辞任へ

米山隆一氏は、涙ながら謝罪会見を開き辞任を表明しました。

yoneyamaryuichi4

冒頭、米山氏は女性との間の金銭授受を認めつつ、「私としては交際の中でのことだと思っていた」などと説明。「このような形で辞めることになったことはざんきにたえない」と心情を語った後、謝罪の言葉を述べて深々と頭を下げた。

事実上、税金が原資となる知事報酬の一部が“援助交際”の対価として女性に渡っていたことの罪悪感を問われた米山氏は、「それは少し論点が違う。税金だからワインを買ってはいけないのかという話になる」と反論。金銭授受については「誤解を招く方法」と述べたが、記者から「誤解なのか」と詰められると、「私と相手の考えていたことが違っていた」と釈明した。引用:米山隆一氏「中年の男がのぼせた」 謝罪もあくまで「交際」主張

この会見で米山隆一氏は「相手の女性は独身で未成年ではない、自分は交際しているつもりだった」ということのようです。

この会見に対して世間の反応は様々でした。

「援助交際の女の子にガチで恋してたんじゃないか。。」「ヤバいやつ・・」

米山隆一氏は、いろいろとありましたが、恋愛経験多い室井佑月さんと結婚とは驚きですね!