ドラマ

MIU404の久住の正体わからず!最終回みんなの考察がヤバい!続編あり?

miu404-2

2020年9月4日放送の「MIU404」は最終回を迎え、驚きの展開で終わりました。

しかし、久住の正体は、はっきりわからず、モヤモヤが残っています。

と同時に、菅田将暉さん、星野源さん、綾野剛さんの演技に絶賛の嵐が!

1時間15分があっという間で引き込まれた人も多いはず。

今回は、まだモヤモヤとする久住の正体のいくつかの考察をまとめてみました。

まだ最終回を見ていない人はネタバレも含んでいますので、ご注意ください!

MIU404久住の正体は?みんなの考察まとめ

miu404-1

久住は、逮捕から一か月経っても雑談にも応じず、自分の名前も正体も明かさなかった。

いったい何者なのか。。

これに対して、いろいろな人が考察をしています。

どれも、当てはまりそうな考察なので、いくつかまとめてみました。

考察①  台風豪雨災害による被害者?

最終回に東京湾マリーナで伊吹に久住が言っていたこと。。

「神様はもっと残酷やで。」

「10年後には誰も覚えとらん」

「皆泥水で死んだらええ」というワード。

そして、「車のナンバー」については1話と6話で出てきていました。

関西弁、車のナンバー。。

すべて当てはまっていますね。

考察②  阪神淡路大震災の震災孤児?

久住は、逮捕されても自分のことを語らずにいます。

これは、自分が何者かわかっていないということも考えられますね。

戸籍がないということは考えられますね。

考察③  東日本大震災の震災孤児?

 

やはり、最終回で久住が放った言葉、、「泥水」という言葉が引っ掛かりますね。

考察④  久住は九重と何か繋がりがある?兄弟説

MIU404の久住と九重の父親は一緒?黒幕は刑事局長?最終回考察!

いくつかの考察、いかがでしたか?

ネット上では、放送が終わっても、いくつかの考察が話題になっています。

最後に久住が言った「俺はお前達の物語にならない」の言葉。

ココだけ、関西弁ではなかった、、久住の本音が出ているとの声も。

最後に菅田将暉さんのコメントが出ていました。

脚本家の野木亜紀子さんが伝えたかったことを探ると見えてくる?

 

脚本家の野木さんが何を伝えたかったのか、インタビューが掲載されていました。これを読めばヒントがあるのかもしれませんね。

【脚本家 野木亜紀子インタビュー】

もはやネットと社会は切り離せない存在なので、自然と入ってしまいます。最近は、たくさんの情報に押し流され、私を含め、みんなが忘れっぽくなっているのが気になっています。例えば政治関連の不祥事もどんどん発覚するけれど、忘れてしまって、いつの間にか“なかったこと”になっている。各話で世間から忘れられたような日陰にいる人を描いてきたのも、本当にそれでいいのだろうかという疑問からです。

社会にある問題は簡単には解決できないことが多いので、正解なんてないけれど、どうしたらいい方向に行けるんだろうかと、私も伊吹や志摩と一緒に悩みながら進んでいる感じ。最後はハッピーエンドとは限りませんが…。「Not Found」かもしれないし(笑)。

野木さんのインタビューを見るとやはり震災なのかなという気もしますね。

「復興五輪」というワードを久住がにらみつけていたり、競技場前での「被災地支援へ」という抗議も、繋がってきますね。

様々な事柄の伏線も回収できていないこともあり、映画、続編があるような気がします!

MIU404の久住の正体わからず!最終回みんなの考察がヤバい!続編あり?まとめ

今回は「MIU404の久住の正体わからず!最終回みんなの考察がヤバい!続編あり?」についてお話しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。