バラエティ番組

志村けんと石野陽子の関係!破局理由が切ない。独身を貫いたのはまだ好きだったから?

新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、3月29日に亡くなった志村けんさんの追悼番組「志村けんさん追悼特別番組46年間笑いをありがとう」が4月1日に生放送されました。志村けんさんと親交の深かった人たちの中にいしのようこさんの姿がありました。

いしのようこさんは、志村けんさんと1987年~2002年の15年間交際していたのではと言われていました。

そして、いしのようこさんを実家にも連れて行ったりしていたようです。

志村けんさんがマスコミに「交際している彼女」と認めたのは、いしのようこさんだけだったそうです。

石野陽子若い頃と今も変わらない可愛さ!Amiとそっくり画像!

しかし、二人は破局してしまいます。その破局の理由とはなんだったのでしょうか?

志村けんいしのようこの交際の時系列は?

志村けん、いしのようこが好みのタイプ!出演オファー!

志村けんさんはいしのようこさんの出演ドラマを見て気に入ってします。

「ようこちゃんは19歳になったかならないかのド新人だったんだけれど、出演ドラマをたまたま見た志村さんが気に入って。まぁ、志村さんのタイプだったんだよね(笑)。それで“1度『ドリフ大爆笑』に呼びたい”ということになったんですよ」(当時を知る芸能プロ関係者)

「ドリフの大爆笑」に出演オファーをし、最初は、いしのようこさんの出演は3か月という限定だったそうです。

「でも大先輩から直々のオファーだからしぶしぶ出演して。このとき志村さんが“この子はよく笑うし、セリフの間がいい”“笑いの素質あるよ”と、ようこちゃんをすごく評価した。ちょうど冠番組を立ち上げるタイミングで自分の相手役を探していたんですよね。それで、彼女を猛プッシュしたんです」(同・芸能プロ関係者)

志村けんさんは、とてもいしのようこさんを気に入り、もうプッシュをします

志村けんいしのようこの交際きっかけは「だいじょうぶだあ」

1987年、いしのようこは、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)で、志村さんの相手役として抜擢されます

いしのようこさんは、志村さんの娘・おハナ坊役を演じた“おハナ坊コント”や、“夫婦コント”や“変なおじさん”にいたずらされるOL役などで、抜群のコメディーセンスを発揮し、志村けんさんとの息の合った掛け合いをみせるようになります。

「コントや演技のことだけじゃなく、スタッフや共演者との接し方、現場での振る舞いまで、いしのさんの面倒を見ていました。ああ見えて、いしのさんはなかなか気が強くて、いちばんの新顔なのに、現場でスタッフや共演者と衝突することもよくあったんです。志村さんがいしのさんを楽屋に呼んで、たしなめたり。本気で接してくれる志村さんに、いしのさんも心を開いていって」(当時を知るテレビ局関係者)

 2人はこうして、どんどん距離を縮めていったそうです。

「収録が終わると、スタッフやほかの出演者たちで志村さん行きつけの六本木の店に行くんだけど、そのうちに、いしのさんと2人だけで行くように。はたから見ても、いい雰囲気なんだけど、志村さん、シャイなんです。なかなか進展しなくて。周りのほうが、やきもきしましたよ(苦笑)」(同・テレビ局関係者)

1990年春、志村さん40歳、いしの22歳のときに交際が発覚。

いしのようこと坂上忍のお泊りデートスクープ

1990年交際が発覚したと同時にいしのようこと坂上忍との“お泊まりデートが報じられます。

「実は、いしのさんはそれまで3年ほど坂上さんとくっついたり離れたりしていたんです。当時、記者の取材に坂上さんは“今いちばん大切な人”だと認めたんですが……」(前出・スポーツ紙記者)

坂上忍さんは、写真が掲載されたときに、「今、一番大切な人」と認めています。

しかし、週刊誌の発売翌日、いしのようこさんは、坂上忍さんの発言を全否定します。

「ワイドショーに自ら出演して“あの日は熱を出した坂上さんのお見舞いに行っただけ”“友達だったけど、しつこいのでもう会わない”と、一方的に坂上さんに“絶縁宣言”しちゃったんですよ」(同・スポーツ紙記者)

坂上忍さんは、ショックだったでしょうね~。

いしのようこさんにとっては「元カレ」と言う存在だったのでしょうか・・

この時、いしのようこさんは、志村けんさんに対してはこう答えています。

「志村さんには、雑誌の記事が出ると聞いたとき、電話をかけて“ご迷惑をおかけします”とおわびしたんですが“別に気にしてない”と言ってくれました」

これがきっかけとなり、二人は堂々と交際していくようになったようです。

志村けんといしのようこの15年真剣交際

1991年には、東京都内にある志村けんさんの自宅から、二人揃って仕事へ向かう現場を週刊女性が撮っています。

その際、記者が「彼女(いしの)は恋人ですか?」という問いかけに、志村さんはうなずきながら「うん!」と認めたのです。

「これで吹っ切れたのか、志村さんといしのさんは堂々と交際を始めて“半同棲”状態に。志村さんの自宅近くのスーパーへ買い物に行ったり、ゴルフ練習場へ通う姿が頻繁に目撃されていました」(前出・スポーツ紙記者)

 

その後、いしのようこさんは、志村けんさんの所属事務所に移籍。

1991年から1993年ころまで二人は一緒に住んでいました。

いしのようこさんのご両親にも挨拶に行っていたそうです。

一時期は、いしのようこさんのお母様と3人で住んでいたこともあったとか。

志村けんさんは、いしのようこさんが『だいじょうぶだぁ』を降板したあと、
数々の人気コントも新作が撮られなくなり、総集編を流すような番組づくりが多くなったそうです。
 

「志村さんのこの番組への情熱みたいなものが、明らかにガタッと落ちちゃった。やっぱり、志村さんの中では“いしのさんがいないとダメ”だったんでしょうねぇ……」(前出・テレビ局関係者)

2人は、15年交際していましたが、2002年に破局

15年も一緒にいた二人が別れてしまった理由は、なんだったのでしょうか。

いくつかの原因があるのではと言われています。

志村けんいしのようこの破局理由は?

志村けんいしのようこ破局理由①二人とも結婚願望がなかった?

2人が破局した当時は、結婚を望んでいた石野陽子さんに対し、結婚に踏み切れない志村けんさんに不満を持ち破局ではないかと言われていました。

しかし、その後、志村けんさんと石野陽子さんは「奥の深道 同類くんの旅」でお互いの結婚観について「お互い、独身主義は卒業した」と話していたそうです。

つまり、2人とも結婚願望がなかったということなんです。

いしのようこさんは、2019年に年下男性との事実婚を発表されています。

2019年に放送された「人生イロイロ超会議」に石野陽子さんが出演し、1歳年下男性と事実婚していることを番組内で告白。

この時、いしのようこさんはご自身の結婚観をこう話しています。

「なんで結婚しないのって、すごく言われます。逆になんで結婚しないといけないの。結婚に意味が分からないまま大人になっちゃった。好きな人と一緒にいるのは、結婚しなくてもできるでしょ」

『これは私の生き方だから、押し付けるわけにはいかないし』

『結婚相手を探しているなら、私じゃない方がいい。それでも良ければ』

引用:ORICONNEWS

お相手の方にも結婚しなくてもいいと理解してもらって、それでもいいと言ってくれる方と一緒にいるということでしょうね。

志村けんさんと交際していた時も、結婚願望はなかったのかもしれません。

そして、12年間も同棲しているとのことですから、2007年に年下男性と同棲を始めていたことになります。志村けんさんと破局して5年後です

志村けんいしのようこ破局理由②お互い人気があったから?

志村けんさんといしのようこさんが交際したきっかけは、「バカ殿様」の共演と言われていますが、実は、番組共演以前から交際していたのです。

そして、当時は若く人気があった二人だったので、堂々と交際宣言できる状況ではなかったともいわれています。昔は、今と違いアイドルはなかなか結婚も簡単にできなかったのかもしれません。

当時、志村けんさんは石野陽子さんについて「弟子のひとり」と話していたそうです。

こんなに息がぴったりなのに、なぜだったのでしょう。

志村けんが独身を貫いたのは、まだ好きだった?

志村けんさんと石野陽子さんは破局後、番組で共演したことがあり、そのときにそれぞれ、結婚についてこう話しています。

志村けん「俺だけを愛してくれる人」

石野陽子「信頼関係が持てる人」

「俺だけを愛してくれる人」と答えた志村さんの気持ちは、いしのようこさんの浮気がとても悲しかった、それだけ、石野陽子さんを愛していた、今でも気持ちが残っているのでは、、と言われています。

そして、生涯結婚しなかったのは、石野陽子さん以上に好きになる人が現れなかった、結婚したいと思える人に出会えなかったからではないのかと言われています。

今から、10年前週刊誌の記者が「どうして結婚しなかったのですか?」と志村さんに聞くと、志村さんは視線を床に落としてしばらくの間考え込んだ後で「芸人運にみんな持っていかれたのかな……」と苦笑いを浮かべながらポツリとつぶやいたそう。

志村けんいしのようこは、破局後も共演!

「だいじょうぶだあ」は1993年まで放映されていました。石野陽子さんは,1992年に番組から離れます。この時は、また交際していたのかもしれません。

志村けんさんの悲しそうな顔が石野陽子さんへの気持ちを表している感じがしますね。

その後、2012年、2013年に20年ぶりに志村けん一座の公演「志村魂」で志村けんさんと石野陽子さんは共演します。

2012年・2013年に20年ぶりに志村けん一座の公演「志村魂」で志村けんさんと共演し20年ぶりとは思えない息がピッタリのコントを披露してくれたようです永らく共演がなかった志村けんと、「志村魂」の舞台で久々に共演して話題を呼んだ

数々のコントで志村と共演してきたいしのは、約20年ぶりに共演した一昨年、昨年と3年連続で志村一座に参加し「またこうやって毎年顔を合わせるようになるとは思ってもみなかった」と苦笑いを浮かべ、

志村は「イヤなのかよ!」と鋭く突っ込み。肥後は、「やっぱりいしのさんと志村さんのからみはしびれる!」と興奮しきりだった。

やはり、息がぴったりなのは、ほかの共演者の方も思っていたんですね。

志村けんが本気で結婚を考えた相手とは?

志村けんさんは石野陽子さんと付き合う前に、本気で結婚を考えてた女性がいました。

大滝裕子さんという13歳年下の女性でした。

大滝裕子

  • 13歳年下元アイドル
  • 1987年 ミスセブンティーングランプリ
  • ドリフターズの番組で知り合う

当時、志村けんさんは35歳。大滝裕子さんは、22歳

18歳から22歳頃まで志村けんさんと交際。志村けんさんが初めて結婚を考えた女性だそうです。

しかし、志村けんさんに「好きな人が出来た」ということで別れることに。

この「好きな人」が石野陽子さんだといわれています。

1985年ころ、別れたので時期的に石野陽子さんになりますね。

志村けんと石野陽子の破局理由が切ない。独身を貫いたのはまだ好きだったから?まとめ

志村けんさんの追悼特別番組が4月1日放送され、いしのようこさんも出演されていました。

志村けんさんの性格を知っていたから、番組内でも笑顔で出演されていたのでしょうね。

いしのようこさんのコメントが発表されていました。

「志村けんさん 突然の事で正直 まだ受け止められずにいます。数年前 志村魂の舞台でお花坊のコントをさせて頂き18年前と何も変わらず出来た事に驚きと喜びを感じた事を思い出します。若かりし頃に教えて頂いた数々の事、忘れません。心からご冥福を申し上げます」

志村けんさんのご冥福をお祈り申し上げます。